「エグゼクティブ女性のためのビジネスアタイア講座」は、キャリア女性のための「服装の常識」「戦略的装いの考え方」をお伝えする目的の講座です。

基本トレーニングの服装編と重なるところが多くありますので、基本トレーニングを受けた方は復習にご利用ください。

 

INDEX

 

 

1ドレスコードの仕組みと基本のTPO

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

2 ビジネスアタイア 3つのゾーン

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

3 色と柄 素材の「格」

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

4 靴と小物の「格」とTPO(靴とバッグ)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

ー コーディネートの原則

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

4 靴と小物の「格」とTPO(アクセサリー)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

5 イメージの方向付け

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

ー あなたのクローゼット

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

6 イメージ演出要素

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

エグゼクティブ女性のためのビジネスアタイア講座

              「Execu…

100 poins: Business Attire for Women

              ZOOMによ…

 

 

 

この講座をご覧になる方へ

 

「Executive」という言葉が示すもの

 

  「エグゼクティブ」という言葉は、「執政者、経営者、役員、幹部」などと辞書に書かれています。また「経営者や幹部など上位者にふさわしい」という意味もあります。そこから「上質な、高級感のある、高品質な」という形容詞にもなっています。 しかし、その「上質な、高級感のある、高品質な」というイメージは、セレブ感のような、ただ豪華なイメージとは違います。「エグゼクティブ」は、マネジメントやビジネスの世界で評価される存在だからです。地位や役割を持ち、決断と実行の権限を持つイメージです。そんな雰囲気が自然と期待される存在でもあります。

「(仕事が)できる」「厚い信頼」「高い評価」「社会での成功」などのイメージが重なる、「実があり、質の高いイメージ」が「Executive」です。 あなたもきっと活躍されている方。そして今もこれからも「人やモノを動かす人」。そんなあなたに「Executive」の語感はぴったりです。ぜひ、「実があり、質の高いイメージ」を高めていっていただきたい、と願っています。    

 

戦略的に服装を考えるための意識と知識

 

  イメージ形成のために、服装は重要な要素です。服装は「その人のラベル」と言われます。センスだけではなく、知性、社会的な成熟感、仕事の意欲、周囲に対する敬意などもひと目でわかります。 「動かす」人は、そういった服装の影響を考慮し、戦略的に服装を選んでいくことが望ましいですが、そのためのノウハウは現在のところ私たちの周囲には、あまり見つけ出せません。

服装の情報を届けてくれる雑誌には「おしゃれ」「ファッショナブル」「流行にぴったり」「若く見える」「明るく見える」「あなたの個性に似合う」などの言葉が躍ります。また、一般的に服を購入する場所の店員も、そのような言葉でアイテムをすすめてきます。 しかし、「おしゃれ」「似合う」などと、「信頼感を感じさせる」こととは、違うことです。それを間違うと、自分では望まないイメージで見られる可能性が大きくなります。その結果、「軽く見られる」「実力より下に見られる」「思うように昇格できない」などの弊害が出る場合があります。これはもったいないことです。

雑誌や店員が悪いわけではありません。ただ、彼らにも情報が不足しているだけなのです。 この国では、まだ女性は活躍し始めたばかり。男性のビジネススーツのような「鉄板の仕事服」を持たない女性は、これからは仕事でも積極的に服を味方につけ、思う自分を演出するための意識と知識が必要なのです。   

 

ルールをガイドにして戦略を思い描く

 

  この講座では、「実があり、質の高いイメージ」を感じさせる装いを選ぶための6つのルールをお伝えしていきます。 ルールは「規範」という意味で硬直的なイメージにとらえられがちですが、ここでご紹介するルールは、あなたを縛るものではありません。むしろ、あなたがものを考える上でのガイドととらえていただいたほうがいいでしょう。

ルールをベースにして考えていただければ、何となく選んでいたものに対しても明確な基準ができますので、今日どんな装いをするか、はっきり自分の戦略が思い描けるでしょう。 ぜひ、服を味方につけ、思う自分を演出していってください。   

 

 

 

 

 

コメントを残すにはログインしてください。